おかずの選べる「つばき食堂」味よし、雰囲気よし、まごころよし!【高知市 新本町】

おかずの選べるつばき食堂

たまにありませんか?

家庭的なごはんがたべたーーーいっ!

って思うとき・・・・

おはようございます、現在絶賛就活中のふきです^^

早速ですが、近所でこんな懐かしい
「昭和スタイル」の食堂を発見したので速攻でご紹介しまーーす

 

高知市 新本町・つばき食堂

さて、肝心の場所をご説明しないとですね!

ZEYOでも最近紹介されました「天丼や にしかわ」さんの同じ区域キロキロモールにあります

 

路地の入り口はこんな感じ。
「金曜日の妻たちへ」(古すぎやし^^;)に出てくる、高級住宅街の雰囲気を一瞬かもし出しております。

キロキロモール前の通りの雰囲気

とことこ歩いていくと、左手一番手間に見えてきました
じゃーーん、その名も「つばき食堂」さん^^

キロキロモール前の通りの雰囲気

天丼や「にしかわ」(奥から二番目)を見るとこんな風景!

天丼や西川から見るつばき食堂

表の歓迎にほっこりしながら、

つばき食堂の入り口

白のれんをくぐって

つばき食堂の白いのれん

ほっ、、、と落ち着く店内の雰囲気に思わず

 

tu_tennnai_R.JPG

なごむわぁー!

 

tu_menu2_R.JPG

さてさて、なんにしようかな~~店内メニューはこちら。

いかん、ま、迷う。。。何??「五目すし」水曜日!?

これはもう水曜日に、来んといかんってことですね!(

 

つばき食堂のサブショーケース

サブショーケース!冷たいもの、もちろんビールもございます^^へへへ
↑ちなみに、ココのおかずはALL100円とお財布にやさしい値段設定♪

 

つばき食堂のショーケース

まずは、この写真をごらんあれ!

二段目はALL170円!

 

つばき食堂のオーダーシステム

仕組みは料理が盛られた小鉢を手に取っていって最後にお勘定するかたち。

あ”------昭和の懐かしい雰囲気が大好きなふき、ダイコーフン!!

ココ、えいちやぁーーー

そうなんです、昔はよくあった

おかずを自分で選べるスタイルの食堂です。

好奇心の強い私は好みのお店に入ると、興奮のあまり店内をジロジロ・・・
おっといけない、深呼吸、深呼吸。

すぅー、、、はぁー、、、。

よし!

 

この日はめっちゃくちゃ寒い日だったので、たまご焼きセットが気になりつつもうどんセットとおかずに決定!

 

つばき食堂のうどんと冷奴

きましたよん、これこれ!

いやぁーーーん、やっぱりね^^

たぶんそうじゃないかと思っていたけど、大好きなやりこい(土佐弁=柔らかい)丸うどん!

ごはんの量もぼっちりやし、冷奴の上にかかっている鰹節がうれしい。

 

鯖の煮付け

あーーんど、本日のおかずチョイスはこれ!
一段目にあった鯖の煮付け!

お醤油と砂糖で甘辛く味付けされた家庭の味♪
子供のころよく食べましたね!!
ごはんにあうき、むっちゃすすむんですよね。

 

つばき食堂のおうどん

うどんをずずっといきましょう

私が夢中でうどんをすすり、ごはんを口にほうばっていると、
近所の常連の「おんちゃん」が
ビールと奴とおひたしを慣れた手つきでチョイス^^;

さすが高知、昼間っから一杯やってました!(午後3時頃です)

おばちゃんとの世間話がここちよいBGM
思わず昭和にタイムスリップする瞬間です。

ここの常連になりそうな予感。。

 

つばき食堂の営業時間と定休日

営業時間ほかあれこれ・・・
ほらね、やっぱり水曜日来んといかん、絶対来るし!!!!

この日はあまりの寒さに、あっという間に完食して、とっとと帰宅> <;

 

そして後日―

二回目、早速の再訪でした、もちろん水曜日!

念願の(大げさ^^;)たまご焼きセットとおかずにしました

 

つばき食堂のたまご焼きセット

来た~~~~~「たまご焼きセット」

 

つばき食堂のたまご焼き

卵でかっ。

 

つばき食堂のお味噌汁

こちらも家庭的なお味噌汁。

 

つばき食堂の鯖の煮付け

ホントはお腹いっぱいやったけんど、
記事のために追加した(食べたかっただけ)さばの煮付け。

 

つばき食堂のかぶの酢の物

と、かぶの酢のもの。

 

つばき食堂の小鉢セット

はい、こんな仕上がりです

 

つばき食堂の五目寿司

今日は水曜日、、、ということは

「五目寿司」もテイクアウトしたちや~!

 

ほっこりした気持ちで、テレビを眺めながらのご飯は
昔家族そろって食卓を囲んでいた頃のことをつい思い出しちゃいました。

何よりここ、つばき食堂の一番の魅力は「心遣い」。

そんな待たせてないのに。

「おまたせしました」

ひとりなのに

「お好きな席におすわりください」

お茶がなくなると

「お代わりお持ちしますね」

当たり前なのかもしれないけれど、
小さいお店ほどこういう心遣いが嬉しく感じられるように思うんです。

 

時刻表

高知駅が近いのもあってか、時刻表が張り出されているのも嬉しい心配り。

そっとお客さんの気持ちに寄り添うようなそんな雰囲気に
「毎日通いたい!」と思わされました。

さて、おしゃれさと昭和の懐かしさが見事共存しているキロキロモール。

 

キロキロモールにある飲み喰いどころ梓

次のお店はココ!
どうですか?この雰囲気どこかそそられよね。
そのうち、ここのカウンターにふらっといってしまいそうな予感・・・

乞うご期待、ふきでした^^

 

ふきの個人ブログ
あいあむはちきん日誌 http://aiamu-rumi.blog.jp/
FB https://www.facebook.com/rumifuki

 

営業時間 11;00~19:00
電話番号 088-875-0206
住所 高知県高知市新本町2丁目5−34 2
備考 日曜日

 

タイトルとURLをコピーしました