陶芸工房のあるそば屋「わび助」手作りの器に包まれたやさしい味の手打ちのそばに舌鼓!【香南市 山北】

わび助

寒くなってきたので厚着でもこもこ気味な山中です。こんにちは。

普段、文旦に囲まれて仕事している私ですが、今回は温州みかんに囲まれたそば屋「わび助」に行ってきました。

 

香南市 山北・わび助

わび助看板

土佐くろしお鉄道野市駅から車で10分ほど、高知県内でも有数の温州みかんの生産地、山北地区。

みかん畑の中を縫うようにくねくねとした道を進むと不意に、「手打ちそば」の看板が見えてきます。

 

わび助窯

車を停めてすぐのところには立派な煙突のある建物。

どうやらここでは陶芸工房もやっているようで、そこかしこに焼き物が置いてあります。

この煙突のある建物の向かいに、お店への入り口があります。

 

わび助入口

一瞬入口かどうか悩みましたが、入口の扉にこっそりと「営業中」の札がついてます。

よく見たら巻き上げてますが、暖簾もありますね。

 

わび助テーブル席

店内はすっきりと落ち着いた感じ。

 

わび助座敷席

座敷席は床で座布団が厚めになってます。

 

わび助メニュー

さてさて気になるメニューです。

この一枚だけ、しかも裏はありません。

これなら注文を迷わないかと思いきや、迷う迷う(笑)

わび助でいくか?いや、とろろ・・・、だがここは天ぷらも捨てがたい・・・。

しかし前の日に強いお酒でダウンし胃がやられていた私は、安全策を採りここは温かいとろろに(でも大盛り(苦笑))

 

わび助温とろろ

おお、デザート付とはありましたが、思ったより色々とついてきましたな。

 

わび助ざる

なお一緒に行った相方はざるの大盛りを注文。

彼は一週間ほど前にもこのわび助に来てたらしいのですが、また食べたいとのことで今回同行してくれました。

 

わび助ざるワサビ

前回は私同様温かいそばだったとのことで、一心不乱に生ワサビを擦ってます(笑)

シャカシャカシャカ・・・

あ、自分も次はざる食べよ・・・

 

わび助とろろそば

さて、では視点を戻しましてとろろそば。

だしの色は濃ゆく見えますが、とてもやさしい味で色白のそばも食感がやわらかく、非常に食べやすいのが印象的でした。

とろろもそばとうまく絡みます。

大盛りで量はありましたが、結構胃が弱っていたにもかかわらず無理なく食べれる感じでした。

 

わび助豆腐

ごまドレッシングのかかった絹ごし豆腐と、こちらもやさしい味付けの浅漬け。

 

わび助浅漬け

とくにおだいこんは大根の甘みが出てておいしかった~・・・。

 

わび助器

そばのお椀をはじめとして器は表の工房で焼いているもののようで、どれも味があります。

 

わび助棚

食べた後は、店内に飾ってある器などを眺めていましたが・・・

 

わび助張り紙

ふと壁にかけてあるこの張り紙に目が留まりました。

なるほど、確かにおそばが出てくるのに少々時間はかかりましたが、おそばの味や器を見ていましたらこの言葉には納得です。

 

今回も、ごちそうさまでした!!

 

住所 香南市香我美町山北1843-1
電話番号 0887-54-1808
営業時間 11:00~15:00(ごろ)
定休日 木曜日、第一週と第三週は木曜金曜と連休

 

ランチ うどん・そば
この記事を書いた人
山中浩嗣

高知市生まれの高知市育ち。髭の濃い30代中盤。
一応編集者の中では最年長にして立場は最弱。ミリタリーネタなどを中心にヲタク人生まっしぐら。
最近は艦船模型を作るも精密部品を無くしたり壊したりでその工程は遅延気味。

山中浩嗣をフォローする
記事に「いいね」や「シェア」をしていただけるとメンバーのモチベーションがアップします!
高知のWEBメディア ZEYO -ぜよ-
タイトルとURLをコピーしました